私どものお気に入り 5つの無料CRMツール

インサイト

データを準備して、よりスマートかつ効率的に業務を進めましょう

良質の顧客デジタルデータを携えていることはセールス&マーケティング上の成功にとっては不可欠です。 しかし、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)ツールの中には、中小規模の事業者には高くつきすぎる場合があります。 Excelファイルを利用するといったその他の選択肢もスタート時には良いかもしれませんが、扱いにくくユーザーフレンドリーとは言えないかもしれません。

そこで、全く費用がかからない私どもお気に入りの無料CRM 5 選を以下にご紹介させていただくことにしました。

1. HubSpot CRM

HubSpot CRM はフル装備の高品質のオンラインアプリで、通常同種類のツールにはついているはずの値札がなく、無料で利用が可能です。

使い方はとても簡単で、チーム全体でお客様コンタクトとのやり取りをトラックすることが可能です。すべてのEメールのトラックが可能なほか、少しの追加料金で電話のモニターも行えます。 GmailやOutlookとの同期も可能なため、通話に際してはお客様情報をすべて手元に持って対応することができます。

2. Google Contacts

すでにGmailをご利用の企業の方々は、CRMをはじめるために新しいアプリを使用する必要はありません。 Google Contactsには、他のアドレス帳よりもはるかに強力な基本的なCRM機能が装備されています。デジタルフォーマットでお客様のコンタクト情報を初めてまとめる際には、強力な足がかりの選択肢となるでしょう。

すでにGoogle Contactsをご利用中の場合、おそらく氏名やコンタクト情報の詳細を入力されているはずですが、実際にはそれ以上のことができます。 カスタムフィールドを使用すれば、追加したい情報を何でも追加することが可能です。

各お客様のコンタクト情報にメモを追加してやり取りをトラックすることもできます。

最近のやりとり表示リンクを通じ、メールを閲覧するときは、そのお客様コンタクトとやりとりしてきたことのすべてを表示することができます。

必要に応じてお客様コンタクト情報を複数のリストに追加して取りまとめたり、さらにそのリストを社内関係者と共有したりすることも可能です。プロモーション関連のメールを出す際にも便利に使えます。

3. Bitrix24

Bitrix24 は、フル装備のパワフルなCRMツールで、最初の12名のユーザーまで無料ですべての機能をお使いいただけます。 ほとんどの中小規模の企業にとっては、十分ですぎるくらいの内容でしょう。

このCRMツールを使えば、お客様のコンタクトを管理することができ、ダッシュボードから自動的にメールを送ったり、電話をかけたりすることができます。 Bitrix24のソーシャルネットワーク機能を利用して自社のSNSのアクティビティを管理したりお客様と連絡を取り合ったりすることができます。一箇所から社内全体の管理が行えるようなアプリです。

4. Streak

上記2でご説明したように、Google Contactsはたいへん優れたベーシックのCRMですが、ビジネスの規模が大きくなった場合、さらに強力な機能が必要になるかもしれません。Streak がすばらしい選択肢であるのは、Gmail内にあるフル装備のCRMアプリであり、プログラムやアプリを別個に開く必要がないという点です。
 
Streakは自動的に電子メール上のやりとりをすべて自動的にトラックし、あなたの同僚の方との共同作業を行うことも可能です。

フォローアップを行うためにメールをリスト管理したり、メモや追加のコンタクト情報を加えたり、他のチームメンバーにメールのスレッドを割り当てたりすることができます。それ以外にも 電子メールを後で送信するスケジュール設定などのオプションのように便利な機能がいくつかあります。

5. Agile CRM

Agile CRM は、10人のユーザーが無料でベーシックプランを使用できる柔軟なCRMツールと定義されています。しかしながら、ベーシックプランはかなり総合的な内容です。 お客様のコンタクトを簡単にトラックすることができ、自動的にマーケティングアプローチが行えます。使い勝手の良いビジュアルオートメーションフローチャートを使えば、お客様と自社間のやりとりに応じて個々のお客様コンタクトごとにマーケティングプランを作成することができます。 自社のチャネルをモニターしたり、更新スケジュールを設定したり、お客様コンタクトごとのSNSでのアクティビティをモニターするのを助ける組み込み型のソーシャルスイートが用意されています。

 

以上、私どものお気に入りツールをご紹介しましたが、これ以外にも数多くのCRMツールがあるようです。 時間をかけてご自身で研究し、自社の事業内容に合致する最適な選択肢をみつけてください。 プラットフォームを導入したら、ツールを最大限に活用するために社内の関係者が効率的に使い方を学んだり管理したりできるよう十分な時間を確保することも重要です。

 

Before you read any further ...

We want to help you become the next success story! Fill out this quick form so we can get to know you better.

Similar Resources
ご旅行のお客様にお伝えすべき「光の都」の観光情報
ソーシャルメディアで必勝する戦略を立てるためのシンプル ステップ
ロボットをうまく操ってオーディエンスのロイヤルティを確保しましょう!