アムステルダム デスティネーション ガイド:自転車で巡る観光スポットTOP5

デスティネーション

アムステルダムを観光するお客様へのとっておきのヒント。それは現地に住んでいる人のように行動することです!

運河の街アムステルダムは、その豊かな歴史と文化、独特の建築様式、そして穏やかな気候で、年間を通して観光客を魅了し、ヨーロッパで最も人気のある観光地となっています。ローマやリスボンのような廃墟と化した遺跡はありませんが、世界でも最重要な芸術作品を含め、全長100キロメートルを超える絵のように美しい17世紀につくられた運河沿いにさまざまな見どころがあります。自転車で巡る観光スポットTOP5を参考に、ぜひお客様のご旅行をプランニングしてみてください。

オランダの自転車産業は1890年代から急速に成長しましたが、1970年代までは、有名な国立美術館の一階を貫通する専用道を含め街の随所を結ぶ全長400キロにわたるすばらしい自転車道路は整備されていませんでした。アムステルダムの居住者は1日に延べ200万kmを自転車で走るといわれています。地元に住む人のように自転車を利用して「ダム」(アムステルダムの愛称)をお楽しみください。

1. アムステルダム国立美術館、その他の美術館・博物館


アムステルダムには、世界で唯一自転車で通り抜けることができる美術館、アムステルダム国立美術館があります。しかし、ここでは、もちろん鍵をかけて駐輪させ、美術館に入場することをおすすめします。

実際、その他にもアムステルダムには自転車を外に停めて鑑賞していただきたい美術館が20か所ほどあります。オランダ黄金時代の象徴的で影響力のある作品を見ることができるゴッホ美術館、20世紀からの近現代美術の傑作を展示するアムステルダム市立美術館、アンディー・ウォーホル、ジェフ・クーンズ、草間弥生の作品を一堂に集めた美術館MOCO等々。さらに理解を深めるには、レンブラントの芸術を通じてアムステルダムの歴史をたどるプライベートツアー(オプショナルツアー)に参加したり、100カ所以上の観光スポットにアクセスができるアムステルダム オランダ パスを利用して巡ったりしてはいかがでしょうか。

2. 運河周辺の探索


オランダの首都アムステルダムにはヴェネツィアよりも運河がたくさんあります。運河の周りは土地が平坦で自転車通行に最適であり、街中を容易く安全にサイクリングで廻れるよう設計されています。スモールシティバイクツアー(Small City Bike Tour)を利用して、自転車で運河沿いを巡り、博物館、カフェ、ヨルダン地区やデ・ペイプ地区などへ足を延ばしてみましょう。少々異なる観点から、あまりエネルギッシュに動きたくないという方にはワインとチーズ付きのキャンドルライトクルーズ(Candlelight Cruise)をおすすめしてみてはいかがでしょうか?

3. 花市場


アムステルダムで思い浮かぶイメージといえば、まず運河、風車、そしてコーヒーショップかもしれませんが、チューリップマニアという言葉を聞いたことがありますか。 「チューリップマニア」は人類の歴史で最初に記録された投機的バブルのことです。ピーク時、「ヴィセロイ」という品種の球根一株が熟練労働者の約10年分の賃金で取引されたといいます。もちろん、チューリップバブルは大昔の話で、今では窓、レストラン、家、そして庭園などがチューリップで美しく飾られているだけです。 1月のナショナルチューリップデーには、20万本のチューリップがダム広場を覆い、人々が無料で摘むことができます。また、年間を通して、世界で唯一の水上フラワーマーケットである花市場 Bloemenmarkt  では、1600年代よりはるかに安い値段でチューリップの球根を販売しています。

4. フォンデルパークでひと休み、ピクニック


街中をサイクリングした後は、ゆっくりとした午後を過ごしたいと思うかもしれません。有名な詩人で劇作家のヨースト・ファン・デン・フォンデルにちなんで名付けられたフォンデルパークは絶好な場所です。アムステルダムで最大の緑地で、地元の人や観光客がくつろいだり、ピクニックをしたり、オープンエアの劇場や彫刻、運動場などで楽しんだりすることができます。数件のホテル、レストラン、カフェ等もあります。

ホテル アトラスは、1890年に公園内に建てられた魅力的な3つ星ホテルです。近くにはすばらしい4つ星ホテルJL No76もあります。ミュージアム スクエアには19世紀後半の建築をコンテンポラリーに改修したオランダ随一の高級ホテル、コンサバトリウム ホテル があり、高級志向のお客様におすすめです。

5. 少々遠出して

市内中心部には行ったり見たりするスポットがたくさんありますが、少し遠出をしさえすれば、本物のオランダのライフスタイルをもっと深く知ることができます。アムステルダムにはサイクリスト向けに30キロほどに亘って市近郊の田園地帯を探索することができるトレイルが整備されており、森林、公園、湖、古い村々を探索することができます。オランダの都市部と農村部を見たいという方にはマルケン、フォーレンダム、エダムを自転車で巡るツアーがおすすめです。

アムステルダムが人々から愛される理由、そしてアムステルダが世界で最も自転車にフレンドリーな都市の1つにランクされている理由のいくつかをご理解いただくことができたと思います。次は実際にこの美しいデスティネーションへの旅のプランニングを始めてみてはいかがでしょうか。もっと多くのアイデアや提案が必要とお感じなら、オランダの人気オプショナルツアー、レストラン、ホテルなどを一挙にご紹介しているアムステルダム デスティネーション ガイドのダウンロードどうぞお忘れなく。

Destination guide Europe for foodies

 

Before you read any further ...

We want to help you become the next success story! Fill out this quick form so we can get to know you better.

Similar Resources
ソーシャルメディアコンテンツを事前に計画して進めましょう
ご旅行のお客様にお伝えすべき「光の都」の観光情報